老後の生活基盤のために賃貸経営のすすめ

一般の企業に勤める会社員の方々の中には退職金制度がない、という会社に勤めている方も多いと思います。近年、退職金制度や企業年金という制度が見直されつつあり、制度の内容が加入者に対して不利な条件だったり、制度そのものがない、という例はたくさんあります。さらに公的年金制度の不安が高まっていますので、老後の生活は本当に大丈夫なのか、と心配になります。

老後の生活資金は自分で国や企業に頼らず、自分で作るという考え方が広まりつつあります。その中で不動産を購入して賃貸経営で老後の生活の基盤を作っていこう、という考える方も多いです。

賃貸経営は会社員でもできる副業で、かつ安定して毎月家賃収入が得られるという魅力があります。業務そのものは外部の不動産管理会社へ委託することで、オーナーは普段通り会社に勤め、収入だけ得るということができます。

賃貸経営の不動産購入費用はローンを利用することができます。そのローンの完済を定年退職前に設定したら、老後は家賃収入がそのまま利益になりますので、安定した老後の生活基盤ができあがります。

以上のことから、老後の生活に不安を感じている方は資産運用の方法として賃貸経営をおすすめします。

この記事を読んだ方には以下のコンテンツも参考になるかもしれません。
富裕層向けのフィナンシャル・コンサルティングサービスを行う新会社のHP

This entry was posted in 投資一般. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>